2007年07月17日

時代劇考 (3)

私の見てる“時代劇専門チャンネル”勿論色々なタイプのドラマがあるが、今、私に最もウけているのが渡辺謙・若村麻由美・岸田今日子による斬(残)九朗のドラマである。これが滅法面白い。江戸の風物もよく描かれているし、岸田今日子の心憎いばかりの芝居っぷり、そして若村麻由美の粋な辰巳芸者(別称ハダシ芸者)は思わずヨダレの出そうな程の上等な女っぷり(他に宝塚出身の佳那晃子の芸者姿も美しいが)は一見の価値あり。

渡辺謙は徳川家にまつわる十八松平のくせして武士としては最低の家格での貧乏御家人役で、いわゆる現代のプータローのようなもの。この役が何故かピタリはまってて、その上筋立てが面白い(いわば極度の他愛のなさ)のでついつい引き込まれてしまう。

音楽の佐藤勝もこの世界での超ベテラン職人技で軽いジャズムードがとても粋である。

江戸前の人情劇も無駄がなくてベリーグッドドラマである。

posted by 藤家虹二 at 23:56 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4734674
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック